この星の業界

TVCMの「きた〜、ナイス好奇心♪」が、なんとも苦手です。
犬はどこだ
0
    を、読んでみた。
     

    犬はどこだ (創元推理文庫)

    新品価格
    ¥777から
    (2010/11/29 01:36時点)



    『 犬はどこだ 』感想 ※注 以下ネタバレあり
    帯買いをしている私には、これほどややこしい本はなかった。
    そう、家に帰ってから見返したこの本の題名がわからなかったのだ。

    THE CITADEL OF THE WEAK

    って何だ?
    何だ?の前になんて読むんだ?
    私はこれから題名もはっきりしない本を読むのか?
    日本の急速な欧米化に戸惑いながらも、
    私は悩みに悩んで、ひとつの結論を出した。

    もう一回表紙をちゃんと見てみよう。

    よく見ると、中央やや左スミに
    『 犬はどこだ 』
    という赤い文字を発見した。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・ミステリーの始まりだぜ!!

    意気揚々と帯に書かれていた
    【衝撃のラストを見逃すな!!】
    に期待を膨らませ、一気に読み込んだ。

    そしてこの本を読み終えた今、思うことは
    「しまった、衝撃吸収材を着込みすぎた…」だ。
    この本は、
    2010年度版『このミステリーがすごい!』作家別得票数 第1位
    になりそうな予感がする。
    うん、…満点…だな。
     
     
    | gyoukaitsuu | 帯買い書評 | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    永遠の0(ゼロ)
    0
      を、読んでみた。
       

      永遠の0 (講談社文庫)

      新品価格
      ¥920から
      (2010/11/27 00:39時点)



      『 永遠の0 』感想 ※注 以下ネタバレあり
      出た。
      ついに出た。
      いわゆる【ゼロ】モノね。
      世の中のありとあらゆる【ゼロ】と名が付くものは、
      大抵が陳腐なものである。
      そして我輩は猫である。
      …カオス…だよね。
      そんな中で、時折【ゼロ】と名付けられたモノの中に、
      一流、いや、超一流のものがある。
      って噂を聞いた事がある。
      一流は一流を知るという言葉がある。
      詳しく知りたい人は自分の周りの一流と呼ばれる人に聞いてみてほしい。
      おそらくイチローとか武豊とかだ。
      今回読んだ小説は、その【0】がこちらを威圧するかのように
      表紙中央に威風堂々と記されている。
      実際、私はこの小説を読んでいる途中までこれは【ゼロ】という小説だと思っていた。
      『永遠の』に気付いていなかったのだ。
      いや、気付く事ができなかったのかもしれんのう…。
      それも、今となってはどうでもいい事じゃ。
      そしてこの本を読み終えた今、思うことは
      「戦争って、こぅわい!」だ。
      この本は、
      R-40 本屋さん大賞 第1位
      「一個人」1月号2009 最高に面白い本大賞 第1位
      になりそうな予感がする。
      うん、…満点…だな。
       
       
      | gyoukaitsuu | 帯買い書評 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      まほろ駅前多田便利軒
      0
        を、読んでみた。



        まほろ駅前多田便利軒
        三浦 しをん著
        税込価格¥570
        出版:文藝春秋
        発行年月:2009.1




        『 まほろ駅前多田便利軒 』感想 ※注 以下ネタバレあり
        ちょっと待ってよ、何?タバコ?
        タバコが立っちゃってる?みたいな?
        ラッキーストライク?あの都市伝説で有名な?
        ただでさえ今回はミステリー小説ではないってのに、
        のっけから私を戸惑わせるこの表紙。
        只者ではない感100%だ。
        これまで、まったくといっていいほどミステリー小説を読んだ事がなかった私が、4連発でミステリーを読んだ事により、今回のこのまほろナントカは、とんでもないぐらいに簡単に読めた。
        なんてぇ優しさだ…。
        海なみだ。
        そしてこの本を読み終えた今、思うことは
        「香取ハットリくん(または香取なまか)とかでこち亀実写とかするんなら、
         こういうのをドラマ化とかすればいいのに…」だ。
        決してこの小説の登場人物が香取ドクに合っているという意味ではないという事をここに付け加えておく。
        この本は、
        第135回直木賞受賞作!
        になりそうな予感がする。
        うん、…満点…だな。

        | gyoukaitsuu | 帯買い書評 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        トーキョー・プリズン
        0
          を、読んでみた。




          トーキョー・プリズン
          柳 広司著
          税込価格:¥700
          出版:角川書店
          発行年月:2009.1


           
          『 トーキョー・プリズン 』感想 ※注 以下ネタバレあり
          我輩は文庫である。
          夏目漱石からの引用からのアレンジだ。
          決して夏目ナナ
          からの引用ではない事をここに付け加えておく。
          だがしかーーし!
          今回は文庫だからどうのとか言っている場合ではない!
          そう、
          トンガッテイル
          この表紙は、今までの本とは比べ物にならないくらいとんがっている。
          思わず、もしかしたら購入して家に帰って読み始めたら、とんがっている漫画が始まるのではないかとこの私に錯覚させるほどだ。
          超怖い。
          本の題名に使われている『プリズン』という言葉も、プリズンブレイクというアメリカのドラマの影響で、刑務所っぽい事が予想される。
          しかし、私はプリズンブレイクというドラマを見た事がないのであくまでも予想の範疇を超えない事をここに付け加えておく。
          この本を読んだ私の物語は
          『東京に刑務所があるわけないじゃん』
          から始まっていく。しかしその思いは、なんと読み始める前のインターネット検索でもろくも崩れ落ちる。
          「…あるんだ…」
          そしてこの本を読み終えた今、思うことは
          「戦争はよくない!」だ。
          この本は、
          おすすめ文庫王国2009年度版 国内ミステリー部門 堂々の第1位!
          を取りそうな予感がする。
          うん、…満点…だな。
           
           
          | gyoukaitsuu | 帯買い書評 | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          ストロベリーナイト
          0
            を、読んでみた。




            ストロベリーナイト
            誉田哲也 著
            税込価格:¥700
            出版:光文社
            発行年月:2008.9


             
            『 ストロベリーナイト 』感想 ※注 以下ネタバレあり
            奇跡の3連続文庫サイズである。
            も〜は〜や〜、恒〜例〜の〜
            「軽い!」
            である。
            特に今回は刑事物の小説という事で、書評家界で俗に言う
            「小さい、軽いは、もってこい!」
            である。
            表紙は夕闇に歩く女性の後ろ姿。上部にはエゲレス文字で
            Strawberry Night
            と、赤字の半透明で書かれている。
            なんと読むのかはわからないが、これは只者ではないぞ!!
            そして中央に『ストロベリーナイト』。
            『ベ』の文字が女性の足がかかっているのは、かなりの確立で、
            何かあるぞ!と思わせる。
            そして読み終えた今、思うことは
            「姫川玲子!萌えるぞ!」だ。
            この本は、
            シリーズとして60万部突破の大ヒット
            しそうな予感がする。
            うん、…満点…だな。

              
            | gyoukaitsuu | 帯買い書評 | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            アヒルと鴨のコインロッカー
            0
              を、読んでみた。




              アヒルと鴨のコインロッカー
              伊坂幸太郎著
              税込価格:¥680
              出版:東京創元社
              発行年月:2006.12



              『 アヒルと鴨のコインロッカー 』感想 ※注 以下ネタバレあり
              今回読ませていただいたこの本も、なんと、文庫!という事で、やはり持ち心地がよい。私が本を読むタイミングが『風呂』と『寝る時』という事もあり、これはとても重要である。
              表紙は何か草的なものナメの家?アパート?の写真だ。ピントはどちらにも合っている。草にも、家にもだ。
              そして右上に文字間300といった感じで題名を載せるあたりは中々の演出だ。
              しかし、この本にはしおり紐が付いていない。残念だ。寝る時に本を読む人は結構いると思うが、通常の紙のしおりは
              「あ、だめだ、眠い!俺、寝ちゃう!」
              という時には『間に合わない』というのが私の統計で出ている。
              とはいえ、帯に書かれている
              「一緒に本屋を襲わないか」
              を見るたびに、そんな事は忘れてワクワクしてくる。
              そして読み終えた今、思うことは
              「あぁ、なるほね〜」だ。
              この本は
              第25回吉川栄治文学新人賞受賞作
              になりそうな予感がする。
              うん、…満点…だな。

               
              | gyoukaitsuu | 帯買い書評 | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
              向日葵の咲かない夏
              0
                を、読んでみた。



                向日葵の咲かない夏
                道尾 秀介著
                税込価格:¥660
                出版:新潮社
                発行年月:2008.8




                『 向日葵の咲かない夏 』感想
                まず、文庫という事もあり、とても手にしっくりくるサイズである。
                表紙は何だか鉄筋コンクリートの建物であろうか、田舎の古い県営住宅といった感じだ。そこに階段を上がる少年か少女らしき人物の後姿。
                肩口から上が見えないあたりは中々の演出だ。
                更にこの本は俺の一番好きなシステム『しおり紐付き』だ!
                そして読み終えた今、思うことは
                「うわぁぁぁ、あ〜、そぉ〜なのぉ〜」だ。
                この本は、
                このミステリーがすごい!2009年版作家別投票第1位
                を取りそうな予感がする。
                …満点…だな。

                 
                | gyoukaitsuu | 帯買い書評 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                管理者ページ
                サッカーを愛する人にできること

                Soccerfamily
                楽天で探す
                楽天市場



                日本代表のユニフォームは必須だよね

                サッカー日本代表を愛する皆様へお届けするadidas/アディダス 日本代表ホームレプリカジャージ 2012年最新作

                価格:9,345円
                (2012/1/26 21:49時点)
                感想(0件)


                    123
                45678910
                11121314151617
                18192021222324
                25262728293031
                << August 2019 >>
                さまぁ〜ずライブは必須だよね

                さまぁ~ずライブ7 初回限定版 [DVD]

                新品価格
                ¥3,665から
                (2011/5/19 14:13時点)



                さまぁ〜ずライブ8 特別版 [DVD]

                新品価格
                ¥3,696から
                (2011/10/2 22:27時点)

                兼定は必須だよね

                このページの先頭へ